トップ帰化トップ帰化条件簡易帰化申請書類>申請支援

日本国籍取得:帰化許可申請

6.当事務所の報酬

韓国語・中国語の翻訳も外部に発注する必要がなく、業務を効率化して固定費を抑え、この報酬以外には追加費用・報酬はお願いしておりません。

 固定費は抑えていますが、代表者経歴共同執筆した専門書および代表者執筆の一部が掲載された専門書サンプルもご覧いただき、安心してご依頼いただければと思います。なお、専門書サンプルPDF4ページ(書籍328ページ)の末尾をご覧いただくと、著者「行政書士 吉川隆志」と記載されています。共同執筆者の中からご担当者が選び、新日本法規出版のサイトに掲載いただいたものになります。

1)ご本人・同居の方が会社勤務の場合
    100,000(税・諸費用込)
    

 2)ご本人・同居の方が役員・監査役、確定申告者の場合
    150,000円
(税・諸費用込)
    

 3)同一世帯のご家族1名追加につき
    40,000円(税・諸費用込)

■ご説明事項

a)報酬には申請費用の他、住民票・戸籍等の日本国内
   の証明書、韓国戸籍取得費用を含みます。また、英語・
   中国語・韓国語の日本語翻費用も含みます。

b)申請時には法務局に同行することで、法務局担当者にも
   申請内容を確認し、お客様にも安心していただけるように
   しています。

c)申請が不許可の場合、報酬の全額を返金いたします。
   または無報酬で再申請をいたします。

d)10万円を超える報酬は、着手金10万円と法務局の
    申請受理後の残金による分割払いとしています。
    詳しくは「ご依頼方法」もご覧下さい。