トップ国際結婚トップ結婚の方式>韓国・日本の例

国際結婚の法律手続

参考1:韓国人と日本人が日本で結婚する場合


1)日本の市町村へ婚姻届を行なう際の提出書類
 

①婚姻届
②日本人の戸籍謄本
③韓国人の戸籍謄本、または婚姻要件具備証明書
   婚姻要件具備証明書とは、結婚相手の外国人が
   相手国の法律で結婚できる条件を満たすことを
    相手国政府が証明した公的文書のことです。
   韓国大使館で入手できます。
   戸籍謄本も同様に韓国大使館で入手できます。
④上記③の日本語訳(訳者の署名・押印が必要)
⑤韓国人のパスポート
⑥韓国人の外国人登録原票記載事項証明書


2)韓国大使館への婚姻の報告
 
  日本での婚姻届の提出後1ヶ月以内に在日韓国大使館
  へ結婚したことを報告します。その際に必要な資料は
  以下になります。
 

①婚姻申告書
②婚姻届受理証明書(日本の市町村で発行)または
     婚姻事項の記載された日本の戸籍謄本
③韓国人の戸籍謄本
④韓国人の外国人登録原票記載事項証明書
⑤両人の印鑑

以上を提出すると、大使館が婚姻受理証明書を発行し
  ます。これは後述の「日本人の配偶者等」への在留資格
  変更の際に必要となります。以上で、日本と韓国での婚姻の
  手続が終了したことになります。

参考2:韓国で結婚する場合


1)韓国の行政機関への婚姻届の提出書類


①婚姻届
②韓国人の戸籍謄本
③ 日本人の婚姻要件具備証明書
     在韓日本大使館で発行してもらうことができます。
④日本人の戸籍謄本
⑤日本人の住民票
⑥日本人のパスポート
⑦両人の印鑑


2)日本大使館または日本の市町村への婚姻の報告
 
  韓国での婚姻届の提出後3ヶ月以内に日本大使館へ
  へ以下の資料を提出します。または、日本の市町村へ
 以下の資料を郵送または直接持参します。
 

①婚姻届
②日本人の戸籍謄本
③日本人のパスポート
④日本人の印鑑
⑤韓国で新たに作成された戸籍謄本
⑥上記⑤の日本語訳(訳者の署名・押印が必要)

以上を提出すると、日本で新たな戸籍が編纂されます。
  この戸籍謄本は後述の「日本人の配偶者等」への在留資格
  変更の際に必要となります。以上で、日本と韓国での婚姻の
  手続が終了したことになります。

次に、国際結婚した場合の国籍、戸籍、氏の変更についてご説明します。